絞りとF値について

絞りとF値について
基礎知識

絞りの基本的な役割を理解する

光の量やピントの合う範囲をコントロールするのが「絞り」。
絞りの基本的な役割を理解して、撮影に活かせるようになろう。

光の量を意識してコントロールする

どんなカメラにもレンズには、光の量を制御する機構である絞りが付いています。
この絞りを開閉し光の量を調整することで、写真の明るさを変えることができます。

プラス情報
レンズには、明るさを表すF値と呼ばれる数値があります。例えば、F1.4やF8といった数値のことです。 ほとんどのレンズには、開放F値が印字してあります。 少し混乱するかもしれませんが、F値の小さいほど、絞りを開くことができ、より多くの光を集めることができます。 (人間の瞳で例えると瞳孔が開いている状態です。)
トミー
ということは、F値の大きいレンズと比べると、F値が小さいレンズを使用した場合、暗闇でも撮影が行いやすいです。 よくF値が小さいレンズを明るいレンズと呼んだりしますよ!
F値を絞った状態 F値を絞った状態 カメラのレンズは、絞りを開閉することで光の量を調整します。 人の瞳と同じですね。
F値を開放した状態 F値を開放した状態 どのようなレンズにもF値が印字してあります。 数値が小さいほど多くの光を集め、またボケやすくなります。

ピントの合う範囲をコントロールする

絞りにはもう1つの大きな役割があります。それはピントをの合う範囲のコントロールです。
よくピントが合うなどいいますが、ピントの合う範囲のことを被写界深度といい、絞りを調節することで被写界深度をコントロールすることが可能です。

絞りを開けると

絞りを開ける(開放:F値を小さくする)と被写界深度は浅くなって、ピントの合う範囲が狭くなります。

絞りを締めると

絞りを締める(開放:F値を大きくする)と被写界深度が深くなり、より広い範囲にピントが合うようになります。

絞りとF値の目盛り

ピントが合うのは面!

トミー
良くピントがあってないなど言いますが、具体的にピントって何?って思ったことはないでしょうか?
僕もはじめの頃は、ピンとって単純に写真がパキッと写ってるか写ってないかぐらいの理解でした。
理解してしまえば、何てことはありません。
ピントとは、被写体の一部のみに焦点が合っているイメージがあるかと思いますが、実はカメラの撮像面に対して面で合っています。
例えば、手前に桜の花びらが写っており、その奥に人物がいて、ピントは人物にあっているとします。

これを面で考えたとき、手前の桜の花びらの面が1つ奥の人物の面が1つあるとイメージです。
ピントは、この面を捉えているのです。
トミー
つまりこの例で言えば、人物と同じ距離にある物はすべてピントが合っている状態になります。
よくカメラで、瞳フォーカスなどあって瞳にピントがあいますが、じつはその瞳と同じ距離のものはすべてピントがあった状態なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。